人前で話せない 頭が真っ白 克服

あがり症の方から最も多く伺うお悩みは
人前で頭が真っ白になり話せなくなること。

人前に出ると頭が真っ白になり話せないのを克服する

しかしその辛いお悩みもここでお終いです。
自分も極度のあがり症だったがそれを克服した
公認心理師児島弘樹氏のプログラムなら
人前で話せない頭が真っ白になるのは克服できます。
生まれ変わったあなたに驚きますよ。

そのプログラムを詳しく見てみる

人前で話せない 頭が真っ白になるのを克服するメカニズム

こちらが
自分も極度のあがり症だったがそれを克服した
公認心理師児島弘樹氏で
あがり症専門心理カウンセラー(R)の資格もお持ちです。

児島氏のプログラムで
人前で話せない 頭が真っ白になるのを
克服するメカニズムをお話していきます。

まず、
人前で頭が真っ白になり話せなくなってしまう原因は
1過去のトラウマ
2思考習慣
3話し方のスキル
の3つです。

1過去のトラウマですが
過去に人前で話した時の失敗経験が
人前に立ったときにフラッシュバックし、
頭が真っ白になるのです。

そこで、本プログラムでは、
音声による「ヒプノセラピー(催眠療法)」を行うことで、
そのトラウマを外し
潜在意識からあがり症を克服していきます。

2思考習慣について。
あがり症の方は、習慣的に無意識の内に、
自分自身を追い詰めてしまう考え方をしています。
この思考のクセを「認知の歪み」と言います。

今までの人生を、
ずっとこの思考習慣で生きてきているので、
ご自身ではなかなか気づくことができません。

この思考習慣に対して、
本プログラムでは、
「認知行動療法」を行うことで改善していきます。

ちなみにこちらがプログラムのイメージです。
音声だけではなく映像、PDFの構成になっています。

最後に、3話し方のスキルです。
私たちは緊張すると頭の回転が遅くなります。

そして、
スピーチやプレゼンの原稿を丸暗記していると、
私たちの脳はそもそも丸暗記することに
向いていない脳の性質を持っているため、
思い出せないと感じたときにパニックになり、
頭が真っ白になります。

この対策としては、
原稿の作り方を工夫する必要があることと、
スピーチやプレゼンのフレームワークを複数持っておくことが必要です。

本プログラムでは、
あがり症を抑える原稿の作り方や、
独自のものも含め、
スピーチやプレゼンのフレームワークを複数お伝えしていきます。

また、
本プログラムには、
直接児島氏に質問できる
3ヶ月間なら回数無制限の特別メールサポートがあるので
疑問点があれば聞いてみてもいいでしょう。

以上が、児島氏のあがり症改善プログラムで
人前で話せない 頭が真っ白になるのを
克服するメカニズムです。

自らも極度のあがり症を克服した児島氏の
全経験と全メソッドが
このプログラムには注ぎ込まれているのです。

ただ注意していただきたいのが、
即日に、人前で話せない頭が真っ白になるのを克服
することは出来ません。
※音声(ヒプノセラピー)を一度聴くと緊張は幾分軽減されはしますが

あがり症を克服するのに
超早い方で1週間、
遅い方なら3ヵ月かかっています。

プログラムの実践は音声+映像+PDFを用います。
誰とも顔は合わせませんし
もちろん薬にも頼りません。

1日15分自室で自分だけの時間を取ることが出来れば
もう、人前に出ると頭が真っ白になり話せない
なんてこともなくなります。

最後になりましたが
プログラムの内容を実践したにも関わらず、
全く効果がなかった場合は全額返金
してくれますのでご安心くださいね。
※詳細は公式サイト参照

あがり症改善プログラムで
人前で話せない 頭が真っ白になるのを克服して
生まれ変わった自分に驚いてください。

あがり症改善プログラムの公式サイトはこちら

Contents